私達夫婦の妊活体験です。

私は、結婚して4年4ヶ月の30歳の主婦です。私達は、結婚当初は「いつか、子供が出来たら、いいねー」という思いでいましたので、結婚しても当分の間は 2人の生活を楽しんでいました。

色んな所へ行ったりもしましたし、何気ない毎日も楽しかったですので、いつも幸せでした。ですので、2人の生活には全く不 満はありませんでした。そんな私達が妊活をし始めたのは、今から2年半前からです。私達の行った妊活方法は「2人の気持ちが一緒の時に仲良し(避妊具な し)をする!」事でした。

ですので、まずは相手の気持ち面や、体調面を一番に考えていましたので、決して自分1人の気持ちを推し通すような事はしませんで した。妊活によって、旦那さんにプレッシャーをかけたくなかったですし、重荷に感じて欲しくなかったので、そこは大事にしていました。

不妊治療案内NAVI

私も旦那さんも、大 体の排卵日は把握していましたので、今、思い返してみると、排卵日付近は自然と仲良しの回数が多かったと思います。

このような生活をしていたところ、妊娠 している事が分かりました。現在、妊娠8ヶ月を迎えることが出来ました。妊活を通して、検めて「妊娠すること、そして、順調に育つ事は奇跡」と思いまし た。この奇跡と、いつも支えてくれた旦那さんに感謝の気持ちを忘れずに生活していきたいです。

続きを読む

子作りのために食生活を変えました

私は旦那と結婚してから子供が欲しいということで子作りをしていたのですが、なかなか子供ができなかったのです。

だから、私の旦那もがっかりしていたので す。このままでは私は子供ができないのではないかという不安に襲われました。やはり子供を作っていくためには、それなりの努力をしていかなければならない と思うようになりました。そこで私は子作りの子ために食生活を変えることにしました。

私は朝はパンを食べて、昼はパスタ、夜はフランス料理を食べることが 多かったのです。私の中ではそれが当たり前の食生活だと思っていたのです。しかし以前病院に行った時には、日本食に変えていったほうが子供ができる可能性 があると言われたので、私は食生活を大きく変えていくことにしたのです。

やはり今まで当たり前に食べていたものを食べなくなるというのはストレスになりそ うだったのですが、楽しんで日本食を食べていきたいと思って、バランスよく日本食を作って食べていきました。そうすることで、栄養バランスが偏らなくなっ たのです。私はそのおかげで、無事に子供を身籠ることができたのです。だから、やはり食生活を整えるということは子作りにおいて重要だと思いました。

続きを読む

子作りのため生活習慣をがらりと変えました。

子作りのため今まで私が過ごしてきた生活習慣から規則正しい生活習慣へと生活スタイルをだらりと変更しました。
生活習慣の改善は食生活や就寝時間など全てに見直しをかけ改善をしました。今まで偏った食生活を送っていたので、栄養バランスを考えなるべく無農薬の野菜 を使い、栄養価が高い肉製品や魚などをメインとしての食事にしました。子供ができるためにはホルモンバランスの乱れがあってはいけないと思い食生活の改善 でホルモンバランスの乱れを改善するようにしました。食生活だけでなく睡眠時間でもホルモンバランスが乱れてしまうと言うことも聞き、睡眠時間はどんなに 忙しくても8時間はかっちり取るようにしています。
夜遅くに外出することや、動くことを止め睡眠に集中し8時間の睡眠を確保しています。
就寝する1時間前には間食なども控え、体に負担がかからないようなベッドで寝るようにしています。生活習慣の改善でホルモンバランスの乱れがなくなり妊娠しやすくなるはずです。
世の中なかなか子供が授からなくて不妊で悩んでいる方も多いと思います。その方にはぜひ生活習慣の改善で病院なので不妊治療を受ける前に自分で不妊体質になっている体の改善から始めることをお勧めします。

続きを読む

妊活は十人十色

結婚、妊娠、出産、普通に生活していれば、普通に訪れる事だと思っていました。
しかし…私達夫婦には、そうではない現実がありました。
23才で結婚し、10年後の33才での出産でした。
28才頃から基礎体温をつけ始め、3年程自己流のタイミング法で様子を見ましたが結果が出ず、病院へ行く事にしました。
まずは不妊の原因を調べる為、様々な検査から始まります。
私達夫婦の場合、お互いに原因は見つからず、人工授精からのスタートでした。
6回目の人工授精を終え、今回ダメならステップアップしましょう。とお医者様から言われました。結果はダメでした。
主人に話すと、病院を変えてみないか?と提案してくれました。今になって思えば、この主人の一言がどんなに重要な言葉だったかと思います。
一つ心配だったのは、また一からの検査から始まるのか…と言う事でした。
しかし、転院先のお医者様はとっても良心的で、これまでの話をすると、また人工授精から始めてみましょう。と言って下さいました。
そして、転院先で3回目の人工授精で赤ちゃんを授かる事が出来ました。
ステップアップの前に、転院と言う決断をして本当に良かったと思います。
二つの病院を経験し、お医者様との相性や、治療方針、自分に合う病院を見つける事が大切な事だと痛感しました。
そして、私もそうだった様に病院への一歩がなかなか出せない方も多いと思いますが、一日も早く病院へ行かれる事が重要だと思います。
妊活は十人十色だと思います。妊娠を望む全ての方々が、自分に合った妊活が出来ますよう願っております。

続きを読む